ゆう鍼灸治療院・整骨院 : 大阪府泉南市
MENU

お知らせ・ブログ

秋の養生

2020.09.30

朝晩涼しくなりましたね。

 

秋は夏の疲れを回復し、

これから来る寒さに備えるために無理なくじんわりと身体を整えられる季節。

 

 

 

東洋医学では、春夏を「陽」の季節、

秋冬を「陰」の季節と位置付けています。

 

季節の変わり目は、体調を崩しやすいと言われますが、

今の時期、夏の「陽」と、秋の「陰」があり

陰と陽、どちらもある季節でもあるといえます。

 

秋の夜長、身体も自然と夜は陰を養い、

朝昼間は穏やかな太陽の光で陽の気を入れ、

身体の内側からも、陰陽のバランスが整いやすい季節でもあるんですね。

 

 

 

東洋医学では、

この時期に肝になってくるのが「肺」とされています。

 

 

東洋医学でいう「肺」の機能は、

呼吸をして酸素を取り込むということだけではなく、

身体のバリア機能を指します。

 

細菌やウィルスから身体を守る機能としても働いているんです。

 

 

また、臓器としての肺だけでなく

のど気管支などの呼吸器系や、皮膚呼吸をしている皮膚

それと肺と表裏関係にある大腸も含まれます。

 

季節の変わり目になると

肌荒れ(アトピー)がひどくなったり、

お腹の調子を崩してしまったりするのは

「肺」の潤い不足からくる機能低下かもしれません。

 

本来、肺はみずみずしく潤った状態を好む臓器なので、

空気が乾燥してくると肺の潤いが不足し、

さまざまなトラブルが起こりやすくなります。

 

夏の湿度が高い状態の時は、普通に呼吸をしていても、

自然と空気中の水分を肺に取り込むことができていたものが、

秋に入り、空気が乾燥してきている中で、

普段と同じような呼吸をしているだけでは、

夏と同じように水分たっぷりの空気を肺に取り入れることは難しくなります

こんな時期は、大きく息を吸うことを意識してみてください。

深く呼吸することで、普段よりも多くの水分を肺に取り入れることができ、

肺も大きく動くことで、身体のバリア機能を高めることもできますよ。

 

呼吸は、自律神経にも大きく影響をし、無意識にでも働く身体の機能。

身体の消化機能や、心拍など、人はどんなに意識しても変えることは難しいですが、

その無意識で働く機能の中で、呼吸だけは意識して変えることのできるバランスの調整法のひとつです。

 

季節の変わり目、ほんの少し意識するだけで、バランスをうまく整えることができますよ^^

 

 

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  


ゆう鍼灸治療院・整骨院

診療時間

最終受付時間 19:00

時間 日・祝
09 : 00 ~ 12 : 00 訪問
15 : 00 ~ 19 : 00 訪問 訪問 訪問

〒 590 - 0503  大阪府泉南市新家3819-1
JR阪和線「新家」駅、南海線「吉見ノ里」駅 各線から徒歩15分

地図で場所を確認する

ご予約・お問い合わせ

072-457-6511 (予約優先)

お問い合わせフォーム